活躍するには学習は必要だが、学歴は重要ではない

習得しやすさで選ぶならPHPやPython

学習するプログラミング言語を選択するうえで、注目したいポイントはいくつかある。例えば、初めてプログラミング言語を学習するのであれば、習得しやすさを特に重視すべきだろう。

と言うのも、プログラミング言語の学習経験がない状態で、難しい言語に挑戦すると、途中で挫折してしまう可能性が高いからだ。そこで、習得しやすいプログラミング言語から挑戦していくのである。知識と自信を得て、徐々に難易度を高めていくことで、より難しいプログラミング言語でも挫折する可能性を下げることができるのだ。

初心者におすすめの習得しやすいプログラミング言語はいくつかあるが、その最たるものと言えるのがPHPだろう。WordPressをはじめ、さまざまなWeb開発の分野で使用されている。

構文が理解しやすいことはもちろん、昔から存在しているため人気も高く、学習に適した書籍が多い。さらに、インターネット上にもたくさんの情報が載っている。わからないことがあれば、すぐに調べて答えを見つけられるため、初心者でも挑戦しやすいだろう。

PHPに比べると少し難易度が高くなるが、Pythonもおすすめだ。シンプルで読みやすい構文が特徴のプログラミング言語なため、習得もしやすい。日本での普及率はまだ高いとは言えないが、GoogleやFacebookでも利用されており、現在トレンドとなっているプログラミング言語の1つだろう。今後は日本でも広く使用されることが予測されるため、習得が多少難しくても将来性の高さで選ぶならPythonもおすすめだ。